カテゴリー別アーカイブ: 未分類

キリスト教等級のお葬式は、宗派にて異なってきます。

また宗派が同じであっても、教会が違えばまたお葬式の方法も違ってきます。

そのため参列した教会のお葬式の流れに伴いましょう。

とはいっても、キリスト教もそれほど思い切り行われているのが、カトリックやプロテスタントのお葬式となります。

カトリックでは、お通夜のことを「通夜のセレモニー」と呼びます。
またプロテスタントでは、「前夜祭」と呼んでいます。

カトリックもプロテスタントも、お通夜の呼び方が違うだけで、
神父ちゃんや牧師ちゃんが応援役をし、また手続きを通して出向く…としては同じです。

そうしてキリスト教は、亡くなられた方を供養始める…という直感でお葬式を通じてはいません。

キリスト教では、亡くなられた方の与えられた永久をゴッドへ謝礼し、
そうして不可思議に礼拝やる…についてを持ってお葬式をあげていらっしゃる。

そのため仏式のお葬式のように、ご遺体に手段をあわせたり拝むと言うことはありません。家族葬の費用

神式の香典紙袋の表書きは、「御霊前」、「御神前」、「御玉串料」

となります。

神式の香典鞄は、水引は銀を使用します。

キリスト教機種での香典鞄の表書きは、
「御霊前」、「献花チャージ」、「御花チャージ」、「御白花チャージ」、「御ミサチャージ」、「弔慰チャージ」となります。

しかしキリスト教機種は、カトリックというプロテスタントにて分けられます。
おんなじキリスト教とはいえ、すっかり同じではありません。

表書きも「御ミサチャージ」というのは、カトリックでつぎ込み、プロテスタントでは使ってはいけません。

逆に「弔慰チャージ」は、プロテスタントで用い、カトリックでは使ってはいけません。

これもまた儀礼ですから気をつけましょう。
キリスト教は、日本では低くなんだかなじみがありません。

ただし規定は規定だ。
仮にキリスト教だというのはわかっていても、宗派までわからない場合には、
「御ミサチャージ」や「弔慰チャージ」という表書きは、使わないようにしましょう。

香典鞄には、水引はあってもなくてもかまいません。www.xn--t8j1a4b6ac3i1509ajq0c.com