キリスト教等級のお葬式は、宗派にて異なってきます。

また宗派が同じであっても、教会が違えばまたお葬式の方法も違ってきます。

そのため参列した教会のお葬式の流れに伴いましょう。

とはいっても、キリスト教もそれほど思い切り行われているのが、カトリックやプロテスタントのお葬式となります。

カトリックでは、お通夜のことを「通夜のセレモニー」と呼びます。
またプロテスタントでは、「前夜祭」と呼んでいます。

カトリックもプロテスタントも、お通夜の呼び方が違うだけで、
神父ちゃんや牧師ちゃんが応援役をし、また手続きを通して出向く…としては同じです。

そうしてキリスト教は、亡くなられた方を供養始める…という直感でお葬式を通じてはいません。

キリスト教では、亡くなられた方の与えられた永久をゴッドへ謝礼し、
そうして不可思議に礼拝やる…についてを持ってお葬式をあげていらっしゃる。

そのため仏式のお葬式のように、ご遺体に手段をあわせたり拝むと言うことはありません。家族葬の費用